自称フリーランスの「会社辞めてもなんとか生きてますよ」日記(仮)

会社が辛くなったら辞めてもいいんじゃない?って事で2016年に13年のサラリーマン生活から脱却。自称フリーランスとしてギリギリの生活を送りつつも充実した毎日を綴ります。フリーランスデビューしたいと思っている人のための人柱ブログです。タイトルは思いついたら変えるのでずっと(仮)の予定です。

【自称旅ブロガー】アメリカ旅 1週間分のパッキング時間は30分。

f:id:kuronekofilm:20171110025342j:plain

 

明日(っていうよりもうあと14時間後)アメリカに向けて出発します。

今日も雇われ部門(バイト)その1を早朝から昼までこなし、旅のアイテムで足りないものを買い回りに行き、雇われ部門その2に作っておいたお土産を引き取りに行ったところなぜか仕事する羽目になり夕方まで仕事してきました(笑)

 

そんなこんなで前日の夕方にパッキングをするという毎度おなじみのスケジューリングです。

 

上のお写真が今回の荷物です。すべて機内持ち込み。

パタゴニアさんのロールトップには無印さんのオーガナイザー(仕分けケース)やジップロックを多用して服とかシャンプーとか電源タップとか色々を詰め込みました。

服は圧縮袋(100円のやつ)を使ってみたり、軍隊式巻き巻き収納で上手いこと収めたつもりですがやっぱり冬は衣類がかさばりますね。無印のオーガナイザーがはち切れんばかりの詰め込みようです(笑)

 

ルートートにはつい最近ゲットしたMacBookProやトラベラーズノート、お金関係、パスポートなどを詰め込みます。機内で使うであろうスリッパ(タオルぞうり)とかスキンケアとかそういったものはこっちに入れ込んでおきます。

 

後は明日洗面とかが終わったらコンタクトとかメガネとかメイク道具を入れれば完成です。

 

旅先では(旅先でも)基本的に服やメイクにこだわるタイプではないので、とにかく荷物を最小限にしたいのです。だからメイク道具なんて本当は持っていかなくてもいいのですが、一応そこは女子ってことで(笑)ファンデとビューラーとマスカラとチークくらいかな。チークとアイシャドウは一緒にしちゃいます(大雑把)。

ドライヤーとかヘアアイロンなんてものも持っていかないし(そもそも持ってない)、顔回りで絶対必要なものはコンタクトのセットとメガネくらいかな。

 

そんなんだからパッキングは30分で終わっちゃいます。

前回のロンドンやアメリカよりも荷物が多く感じるのは夏と冬の違いですかね。

夏の服の準備なんてTシャツとパーカーと下着類だけだから無印さんのオーガナイザーMサイズで全部収まっちゃいます。冬は長袖になるしスエットとかセーターとかでやっぱりかさばる。Mサイズには服しか収まらないので下着類は別途Sサイズ分はみだします。

アメリカ行ったときなんて、いとこが欲しがっていた鉄人28号トランスフォーマーのフィギュアを入れても余裕があったのに…恐るべし冬服。

 

もうパタゴニアさんがパンパンなので今回はNikon D3200は諦めました。MacBookProだけにします。撮影旅行はまた別の機会にちゃんといけるようになりたいと思います。

 

荷物も用意したし、後は飛行機に乗って爆睡するだけ!!

 

そういうわけで、1週間アメリカに行ってきます。

ネット環境にもよりますができる限りブログをリアルタイムで更新してみたいと思っています。特別面白いことをする予定もないのですが(笑)

 

あまり日本では知名度が高くないピッツバーグという街に行ってきます。リアルタイムな情報を発信できるといいな。

 

【自称フリーランス生活】MacBookPro(買ったよ)おばさんデビュー。

ブログの更新がのんびりペースになってしまっていますが…

とりあえず報告!!(というより自分を追い込むための宣言)

 

MacBook Pro 2017 買いました!

(corei7 & メモリ8GB)

 

ばーん。

f:id:kuronekofilm:20171107200325j:plain

MacBookPro(買ったよ)おばさんデビュー。だな。

 

自称フリーランスになって早1年。まだまだ収入が安定せず雇われ部門(バイト)を2つも掛け持ちしている状況なのに…買っちゃいました。

結構何ヶ月も悩み続けていました。お金ないくせに、パソコン持っているくせに、こんな高額な買い物をしていいのか?買ったからって仕事の効率が上がるのか?

 

でもね、悩んでてもしょうがない!って思ったんです。

確かに仕事も安定していなしお金もない。でも雇われ部門をしている間は家に帰らないと映像関連・ライティング関連の作業ができないという状況ではクライアントさんからの要望にすぐに答えられない。こんなことで映像クリエイターだなんて名乗っていいのか?単なる「片手間で映像やっている人」なんじゃないか?って。

MacBookを持ち歩くことで、ちょっとした急ぎの映像編集・修正をやったりライティング仕事をこなしたり、思いついたらすぐにブログを書いてみたりといったことがいつでもできるようになる。電車の移動の間とか気分転換にカフェとかで仕事したりもできる。

 

何週間も悩んでいる間にもし作業ができていたら一体いくら稼げたんだろう?

 

お金なんてなんとでもなる!!

買ってからその分一生懸命仕事すればいいんだ!!

 

と、ある意味開き直りに近い状況でしたが思い切って買っちゃいました。

 

それと、実はもう一つ買おうと思った理由があるのです。

来週からのアメリカ旅行に持っていけるラップトップが欲しかったんです。

 

ちょうどアメリカにいる時期はサラリーマン(社畜)からの脱却から1年が経つ時期です。ここで一回色々なことを見直して立て直す日々にしようと考えています。

 

「いつでもどこでも仕事ができる環境」を実証するためにもアメリカにMacBookを持っていきたい!

 

その理由が購入をさらに後押しした感じです。

 

まだ外に持って出ていませんが、すごく快適ですねMacBook

corei7だからなのかなんなのか分かりませんが、軽めの動画編集ならサクサク動きます。iphoneとの連動性もすごくいい。

久々のmacですが、やっぱり私はこっちの方が向いているのかも。

 

しかもMacBook買ってから気持ちが追い込まれているのかいい方向に変わったのか、

常に仕事モードになっています。パッと開いてパッと仕事できるっていうのもいいのかもしれませんね。

 

もちろんメイン機であるマウスコンピュータのラップトップを中心に映像作業は続けて行きます。MacBookはサブ機としてライティングやブログを中心に、軽めの動画編集や修正にも対応しようと思っています。

これからやって行こうと思っている映像のお仕事も撮影してその場で編集なんてことも考えているのでMacBookが活躍してくれそうです。

 

うまく使い分けて自称フリーランス仕事を快適にかつ効率的にして行こうと思います。

 


 

【自称旅ブロガー】「死者の日」から世界中への旅に行きたい衝動がわいてきた

今日は「死者の日」ですよってgoogle先生が教えてくれました。

wikipedia先生にも聞いてみました。

 

死者の日 (メキシコ) - Wikipedia

 

ヨーロッパにもあるようですが、私の死者の日のイメージはメキシコ版。

カラフルで、ガイコツがいっぱいいて、パレードがあって…

日本でも死者を迎える「お盆」にはお祭りやって、盆踊りやってと似たような習慣があるのでなんとなく近しいものを感じます。

ヨーロッパのヤツはちょっと暗めなのかな?

 

死者のことを語り合ったり思い出したりする日というとなんとなく質素で寂しいイメージになりがち。でもカラフルで盛大にパレードしたりということにすごく興味がわきます。

 

日本のお盆に関してもそうだけど、結局のところその意味やルーツについて知らないことが多すぎる(私だけ?)。さらに言ってしまえばついこの間のハロウィンだってこれからやってくるクリスマスだって、それほど意味やルーツも知らないままで楽しんでいる。別に知らなくても楽しめるけど…

 

海外のこういった行事から日本の行事をもう一度見直してみるのも良いかもしれない。

 

来週からアメリカ旅行に行きますが、最近の「旅熱」が急上昇している今

世界中のお祭りめぐりをする旅に出たい!と思いました。世界中には私の知らない祭りが山ほどあるはずだし、もちろん日本の祭りだってすべて知っているわけではないので、日本の祭りも知りつつ世界中の祭りを見に行きたい!(あわよくばそれを記事にしてみたいというシタゴコロあり 笑)

 

…と考えてみたところ、良く考えたらもうそういうテレビ番組がありましたね、しかも面白い(笑)

でも、これを一般人がやってみることでまた別の視点が生まれるんじゃないかと。

 

(自称)映像クリエイターとして世界中の祭りを記録していきたいという野望もあったりして。wikipedia先生にも書いてあったけど、映像の勉強していると必ず出てくるエイゼンシュタイン先生も映画の中でこの祭りを描いているらしくこれが20世紀初頭の祭りの様子が分かる貴重な記録にもなっているとのこと。映像で「何ができるか」のヒントがここにもあるような気がします。

 

ビデオカメラ持って世界中の色々なことを記録して回ってみたい。

もちろん日本のこともたくさん記録したい。

そんな仕事ないかなぁ(笑)

 

すっごい久々にブログ書きましたが、本当に思いつきで書きました。

こんな感じでもいいのかな?

続けていくことが大事ですね。

【自称フリーランス生活】やっぱりビデオ持って行こう。

f:id:kuronekofilm:20171018174158j:image

同じ写真を以前使ったかもしれないけど…。エフェクトかかってるから違うってことで(笑)

 

今から友人のライブを見に行くのですが、いつもはNikon D3200を持って行って写真の勉強をするのです。もちろんチケット代を支払って。

 

でも、先日のすんごい出来事(ギターの神様に密着)からビデオ撮りたい熱が盛り上がってきております。

だから今日はCanon XA30をリュックに投げ込んで(雑)出発です!

 

続きを読む

【自称フリーランス生活】すごい経験。神様に会ってきた!(自称フリーのカメラマン編)

f:id:kuronekofilm:20171017044823j:image

ブログをサボり気味ですってより10月は全く書いてません。

なんとも嬉しいことに映像部門のお仕事が増えてきたのです!

日々雇われ部門だけの生活でダラけていたので急に映像仕事が入ってくるとテンパるこの余裕のなさ(笑)

 

言い訳がてら、近況報告です。

つい数日前にすごい経験をしました。

 

続きを読む

【自称フリーランス生活】自称アーティストでもあることに気づいた日(作品紹介あり)

f:id:kuronekofilm:20170928050605j:image

またもや朝から飯テロ。「こぼれ的な何か」でございます。写真だけで店を決めるという女子(オバ)独特の手法(笑)美味しかったです。

 

自称フリーランスな私ですが、メイン部門が映像制作ということもあり、自称アーティスト的な感じでもあるわけです。

デザインとか写真とかとは違って映像制作はアーティストってよりは職人に近い気もしますが(笑)

 

撮影時も編集時も職人的な作業をしますが、時々「自称アーティスト」さんが顔を出すのです。

 

昨日もやってきてしまいました…自称アーティストさんが。

 

今朝も3:30起きな雇われ部門ありの自称フリーランスのくせに昨日は22時過ぎまで編集作業しちゃったんです…。

22時には寝なきゃいけないのに。

 

自称アーティストさんはすごく気分屋で、やる気がないときは全く出てきませんが、やる気がある時は睡眠時間を削ってしまうほど作業してしまうのです。

 

いわゆる「波にのる」もしくは「ゾーンに入る」的なアレです。

 

続きを読む

【自称フリーランス生活】神頼みも仕事のうち?

f:id:kuronekofilm:20170926042909j:image

お写真小さいかな?現在の私のiPhoneです。

ええ、ケースなんてついてません。直描きですわよ。

 

もうすぐ自称フリーランス生活も1年を迎えます。昨年の今頃は10月頭からの有休生活を前に後任と一緒に引き継ぎの挨拶回りしてたなぁ。

短期間での引き継ぎでかなりバタバタでしたが、後任が優秀なのと社会人最初で最後の長期休暇が待っていたので心はだいぶ軽くなっていました。

 

1年を迎えますが自称フリーランス生活はまだまだ不安定。フリーランスでの収入はスズメの涙だし、ちょっとした計画ミスで最後の冬のボーナスをもらえなかったのが影響して、雇われ部門(バイト)をして生活を回しています。

 

続きを読む