自称フリーランスの「会社辞めてもなんとか生きてますよ」日記(仮)

会社が辛くなったら辞めてもいいんじゃない?って事で2016年に13年のサラリーマン生活から脱却。自称フリーランスとしてギリギリの生活を送りつつも充実した毎日を綴ります。フリーランスデビューしたいと思っている人のための人柱ブログです。タイトルは思いついたら変えるのでずっと(仮)の予定です。

【雑食な雑記】職場の困ったちゃん対策(続編)

f:id:kuronekofilm:20170920050904j:image

昨日の新作。単なるGAPのシャツですがベルベット調の蝶ネクタイをプリントしてみました。

その名も「ボタンをしめて着ざるをえないシャツ」(笑)

ボタンをしめれば蝶ネクタイが現れます。よーく見るとちょっとズレてるんですけどね。

今日も関係ないお写真。

 

さて昨日の「困ったちゃん」記事の続報です。

昨日、仕事終わりに上司に相談という形で報告しましたよ。

 

15時間勤務の日の朝にいきなり文句を言われたこと、私はどこまでやればいいのか、さらに上の上司に報告するべきか等。

 

それを聞いた上司は驚いたと共にガックリ来ていましたね。

指導係といえ、なぜ1バイトである私がそのようなことを言われなくてはならないのか?

そんな状態じゃ彼女と共に仕事を継続していくのは無理だと確証したようでした。

相談してくれて良かったしさらに上の上司にも報告してくれると言っていただけました。

 

さらに、困ったちゃんについてはほぼ全ての従業員(といっても10人もいませんが…)から問題を報告されていたようです。中には普段全く怒らないような穏やかな社員さんがキレながら報告して来たというお話もありました。

 

私だけが困ったことになっているわけではなかったようでちょっと安心すると共に困ったちゃんがほぼ全員に迷惑をかけているということに驚きました。

 

穏やかな社員さんは持ち場を離れられない状態の時に困ったちゃんから在庫が足りなくて今日は作業ができないと言われ(そんなはずはないので)、「もう一度在庫置き場を見て来て」とお願いしたところ「在庫置き場を見たけど無いんです!」とお怒りになったそうです(笑)

 

その在庫がないと今日の作業をするために臨時で買いにいかなくてはならないので、ありえないと思いつつ社員さんが仕方なく持ち場を離れて困ったちゃんと一緒に見にいくと…

 

在庫置き場のいつものところに置いてありました。

 

在庫置き場がちょっと遠くてめんどくさいからなのか、自分の仕事にケチをつけられたくないのか(一度不信感を抱くともうこういう風にしか見えない 笑)本来なら離れてはいけない状況の社員さんに無理やり案内させた挙句、単なる確認ミス。

人間だから間違うこともあるとは思いますが、在庫がないと豪語するのはどうかと思う。「見間違えたかもしれないのでもう一度探して来ます!」くらいの言葉があってもいいと思うのだが…元社畜らしい考えかしら?

 

そんなことがあれば当然その社員さんもキレますよね(笑)

持ち場を離れたことでその後の作業がどんどんズレていきます。でも困ったちゃんは定時ぴったりに帰ります。当然の権利といえばそうなんですが、権利云々の前に人として思いやりがあれば少し手伝う等出来るんでないかと。

 

結論としては、さらに上の上司の決定で1年を待たずして辞めて頂く方向になりそうです。

 

あの事件(15時間勤務の日)以来初めて顔を合わせたのは火曜日ですが、

 

態度が急変(笑)

 

こちらから「おはようございます」と声をかけるまで完全無視でしたね。その後も色々と無視続きます。小学生の女子か(笑)

ああいう事を言ってしまって気まずいのか、それとも単純に怒ってますよアピールなのか…

私は基本的に1人でも平気なタイプなので全然気にしません。むしろ話したくなかったので好都合な方向に進んでいます。

 

おそらくこの困ったちゃんは「他人を思いやる心」が欠けちゃってるんだと思われます。

チームのみんなのこと、次に作業する人のことを考えたら誰でもできることができません。

「次の人がこうするとやりやすいのでこうやってくださいね」と言わないと動けない…小学生、いや幼稚園児と思って接するべきなのでしょうか(笑)

マニュアルがないと動けないということですかね。

 

色々と分析していくうちに困ったちゃんは結構な「構ってちゃん」なんじゃないかと。職場の人が話しかけると機嫌よく嬉しそうにしてるんですが私や他の同僚が話しているとものすごく不満そうな顔をするし、構って欲しいのかわざとらしく大きな音を立てて仕事をします(笑)

 

ああ、めんどくさい…

 

喋りながら仕事をするなとは言いませんが、手を止めずに作業ができるようになるまでは作業に集中した方が良いんじゃないかと。ああ、( ´∀`)それも社畜的考え方か…

 

仕事をしに来ているのであっておしゃべりしに来てるんじゃないのです。

構ってちゃんには通じないかもですね。

 

私としては困ったちゃんのご要望通り関わらないようにして行きます。同僚たちにはできる限り「構って」あげるようにお願いしようかな。誰か手をあげてくれるかしら?

 

短期決戦になるか1年契約になるかはわかりませんがみんなでうまいことやっていこうと思います。

 

困ったちゃん&構ってちゃんにお気をつけください。(どういうまとめだ 笑)

 

 

 

【雑食な雑記】職場の『困ったちゃん女子』とカタルシス効果

f:id:kuronekofilm:20170919042756j:image

お写真はウィキペディアさんから拝借。

好きなんだよな〜この輸送機。C-130Jっていうのかな?詳しいことは知りませんが(笑)プロペラが4枚から6枚になってちょっと静かになったって職場の人に聞きました。

 

今週の土日は横田基地の友好祭でした。今年はお客さんじゃなくてお仕事で行きましたよ。あいにくの雨でしたがたくさんの人で賑わっていました。目の前にC-130がいましたが忙しすぎてほとんど見られませんでしたけど…。

 

そうそう、雇われ部門(バイト)その1に『困ったちゃん女子』が入って来たようです。

世間的にはメンヘラ女子ってやつみたいですね。色々と調べると私含め誰もが当てはまりそうな特徴だったのでここでは『困ったちゃん女子』でいきたいと思います(笑)

 

今回は社員さんが1人抜けてその補填で1人バイトが異動してしまったので新しく2人バイトが入って来ました。1人はベテランさんで仕事もサラッとこなせるので2週目ですでにひとり立ちしてくれました。わからないことはその都度お教えするって感じでうまく回っています。

 

問題の困ったちゃんはもう1ヶ月以上経つのにあんまり仕事を覚えてくれません。やることは決まっているのに次の仕事がわからないのか、ボーッと突っ立っている時間があったりします(笑)

初めからなんだか怪しい雰囲気はあったのですが、人それぞれ慣れるための時間はまちまちなので社員さんと相談して少し様子を見ることにしたのです。

 

1ヶ月経ちますが、

・仕事がちょっとスロー。

・1度言ったことを覚えていないのか「そんなこと聞いてません」と言う。

・とにかく休みがいつなのか気にする

・少し仕事の延長をお願いしても「そんなの条件になかった」と拒否する

・事あるごとに「体調が良くないのでトイレや休憩に頻繁に行かないとダメなんです」と言う

・「今週〇〇になっちゃったんですよね〜」と女性特有のスケジュールを女性の同僚に宣言する。

 

とまぁこんな感じです。

 

そんな中、とあるイベントの仕事で私が15時間位(中抜け&休憩含む。彼女はいつもの「体調が良くないので10時間も無理です!」と言って8時間にしてもらってました)のお仕事の朝、私のところにツカツカっとやって来ていきなり

 

あなたの言い方や教え方や態度はおかしいと思います!!

 

とお怒りをぶつけて来ました(笑)

なぜ今日なの?なぜこのタイミングで?

 

こちらとしては1度言ったことをもう一回聞かれても根気強く教えて来たつもりだし、忙しい時に話しかけられると多少雑になっちゃうこともあるので謝りましたが、

 

「忙しいかどうか」は個人個人の感覚なのでわからないじゃないですか!!

 

とさらにお怒りに。

 

仕事なんだからちゃんとやってください!

 

と最終的になぜか私が怒られている感じに(笑)

 

申し訳ないけどあなたの仕事ができていない部分はたくさんフォローしながらも文句言わずに教えて来たよね?

フォローした分、こっちの帰りが遅くなってること知らないよね?

上司に「色々と他の人から仕事が遅いとかって報告受けてるけど彼女の仕事はどう?」(契約更新しない方向の質問)と聞かれた時も「もう少し様子を見ませんか?」と説得したんだよ?

 

色々な考えが頭の中を巡り、なぜ怒られたのかわからず動揺したまま15時間の勤務がスタートしました(笑)ほとんど記憶がありません。

 

もちろんその途中で困ったちゃんと一緒になる時もあったのでできる限りフレンドリーに接しましたが、ニヤリとしながら私を見てちょこっと会話するだけ。

 

一体何がしたかったの?(笑)

 

はい。ここで私の「暗黒面スイッチ」入りました(笑)

 

完璧に「潰し」にかかろうと思います(恐ろしい…)

 

私の良心は困ったちゃんとうまくやっていけるようにしてお仕事を継続してもらった方がいいんじゃない?と問いかけていますが、上司も彼女には疑問があると言っているし同僚数名からもクレームが来ているとのこと。

そんな状態で続けていけるわけがない。だって何度も同じことを説明したりフォローしたりしてたらみんなの仕事が遅れて行くからね(笑)

 

よく言う「大人になって」という行動はしません。そういうのが嫌でバイトっていう立場を選んだので。

 

私は単なるバイトの立場ですが、ここまで約1年間真面目にコツコツ仕事をして来ました。最初の条件とは違うこともたくさんあったし、残業しないと回らない時も協力して来ました。仕事は決して早い方ではありませんが社員さんから信頼していただけているようです。

 

まずは近い上司に相談という形で、15時間勤務の日の件を伝えてさらにその上の上司に報告するべきか指示をもらうことにします。

 

なんやかんやで困ったちゃんが仕事を辞めたくない!!と抵抗するようなら私が他の部署に異動するなり辞めるなりすればいいだけの話です。

 

まあ、要するに

 

「困ったちゃんを辞めさせる」作戦

 

なわけです。うちは1年更新のバイトなので会社が契約更新しないと宣言すれば良いのです。もちろん問題があるようならもっと短期間で辞めていただくこともできるそうですが。

 

ここに来るまでにはすごくたくさん悩みました。15時間の勤務の間も、翌日の勤務の間も、昨日も…ずっと「自分の何が悪かったんだろう?」と考え続けていました。だから全然休めてないしストレスで胃が痛い(笑)

 

ネットで調べてみたらこういう時は「カタルシス効果」ってのを利用すれば良いみたい。

カタルシス効果(cathartic effect) - gooヘルスケア

とにかく感情を誰かに話したり紙に書き出すことで心の安定を手に入れるっていう方法。

 

誰かに話そうかとも思いましたが、そうするとその誰かがまた悶々と悩むことになるのでやめました。

とにかく紙に状況とその時の心の動きを書き出して行くことで頭の中が整理されていきます。心も徐々に落ち着いていきました。

頭の中を整理することで、上司にも説得力を持った説明ができるのではないかと。

 

この方法…なんか、いい。

 

カタルシス効果で落ち着いた心で、説得力のある説明を上司にして来たいと思います。

 

なんでバイトなのにここまでしなくちゃならんのだと思いつつも(笑)

 

実は私も困ったちゃんなのかもしれませんね…でも「大人になってうまく関わる」ってのもちょっと違う気がするので、自分らしく行動したいと思います。

 

困ったちゃんとの上手い関わり方があったら教えてください。

 

今日も雇われ部門(バイト)ダブルで頑張ります。

 

 

【雑食な雑記】金曜の夜しかハジけられない日本人(もしくは社畜)

f:id:kuronekofilm:20170916051115j:image

例えるならこんなお写真?

 

今週は土日も雇われ部門(バイト)の社畜な私ですが、

 

土曜の朝5時の下り電車ってこんな混んでるの!?

 

という素直な気持ちから、だんだんとドス黒い気持ちになっていく記事を今日は書きたいと思います(笑)

 

山登りなどのレジャーに行く人たちはこの時間に出かけるし…。もちろん私のようにお仕事の人もいる。

でもやっぱり一番多いのは、泥のように眠る「ハナキン(古い 笑)」帰りの人々。眠っていない人たちは大抵がハイテンションで

 

うるさい(笑)そしてちょっとクサイ…

 

まあ、金曜の夜は楽しみたいよね。

わかるよ、社畜だった頃は良く飲みに行ってたもの。次の日は休みだから終電を逃そうが、ドロドロになろうが構わないもんね。

 

社畜にとっての「ハナキン」とはほんの少しの間だけの「自由」なんだ。

週に5日も会社に拘束されて、理不尽な事も笑顔でこなして、やっともらえた解放を楽しむための時間なんだね。

 

だから駅前で大声ではしゃいだり電車の中でハイテンションに笑うんだね。

そりゃ金曜の夜から土曜の朝まで飲んじゃいますよね。

 

なんかその姿を見ていると切なくなるのです。自分もそういう時があったし、お酒あんまり飲めなくても(参加せざるを得ないあの雰囲気で無理やり連れてこられたのに)誰よりハイテンションで飲み会を盛り上げたりして、酔いつぶれた同僚を介抱しながら終電に乗って帰ったりしてましたよ。

 

平日はササっと飲んで帰る(そこまでして飲みたいのか?)けれど、金曜の夜はみんなハジけまくる。

 

仕事を真面目に丁寧にちゃんとやるってのは日本人のいいところだけれど、毎日・毎週・毎月・毎年同じことを繰り返し続けることに不満や疑問を感じないんだろうか?

 

いや、不満があるから金曜の夜はハジけるのか。

 

だからこそますますミジメでみっともなく見えるのかもしれない。

 

駅前で大声ではしゃいでいる人は普段、大人しくて真面目なんだろうな…。仕事からの解放とお酒の力で、普段の不満を吐き出している感じがする。

 

私は飲んで酔ってハイテンションで騒ぐ集団が苦手だ。大学生位の若者ならまだしも、スーツを着た(昼は)立派な大人が大騒ぎしているとさらに切ない。

 

ああ…電車の中がクサくてうるさい。

 

土日も雇われ部門で仕事(今週は6連勤)なので、とてもネガティヴで八つ当たりな記事を書いてしまいました。

 

さて、今日&明日と7-10時と恐ろしい勤務時間を頑張ってきます。

 

 

 

【自称 旅ブロガー】ピッツバーグ行き予約完了(エクスペディアだよ。心配&批評あり)

f:id:kuronekofilm:20170914060412j:image

ピッツバーグ行きが楽しみすぎてこんなにアプリが増えました。

ブログサボり気味なのはピッツバーグのせいです(笑)

 

またもや「パッと行動できない病」が発動しそうだったので、昨日思い切ってピッツバーグ行きの予約をしてみました。

カリフォルニアに行くときはおばちゃんのお家に泊めてもらえるので航空券のみをJAL等の航空会社のサイトで予約するだけだし、ロンドンに行ったときは妹がHISで色々手配してくれたから航空券&ホテルを自力で予約するのは初めてになります。

しかも予算は2人で20万。ママンに借りたお金です(笑)

いつものように航空券は航空会社、ホテルは泊まりたいホテルに直接予約しようかと思い見積もってみたのですが…

 

確実に予算オーバー。

 

予算を1人で使い切っちゃう位の金額でした。

そこでテレビでよくCMやってるエクスペディアさんを利用してみることにしました。

 

事前調査が大好きなワタクシ。当然のごとくエクスペディアさんの口コミからチェックです(笑)

かなり評価が分かれてますね…。エクスペディアで予約して良かった!って人とトラブっった時にエクスペディアはサポートしてくれなかった!って人も。ホテルの予約が入ってなかったりとか…。評価的にはちょっとネガティブ寄りの印象ですかね。

 

でも、ネガティブ評価の内容を見ているとエクスペディアに依存しすぎなんじゃないかと思う口コミも多いように思いました。

エクスペディアは予約を取ってくれるところで、旅行の工程全てを見守ってくれるところじゃないと私は認識しています。

全部サポートして欲しいなら日本の旅行会社でツアーを頼めばいいのでは?

エクスペディアにはすごく安くしてもらってるんだから予約からその後の手配も任せっきりじゃなくて予約したあとは自分で確認したりするべきなんじゃないかと。

 

航空会社のサイトに行けば自分のフライトの確認や席の指定もできるし、ホテルの予約も心配ならメールや電話して確認すればいいのでは?

 

ネガティブ評価の中には自分の都合で航空券をキャンセルしたいのに対応が悪いとかなんとか。本来なら自分で航空会社に連絡してキャンセルしたいと伝えればいい。エクスペディアは本来なら必要ないそういうめんどくさい手続きをやってくれるわけで、待たされたりしても文句は言えないような気がします。

 

自分で航空券やホテルを手配するときは自分で予約やキャンセルの連絡をするのが当たり前なので、自分の都合でキャンセルや変更するときは大げさに言うとエクスペディアは関係ないわけです。

 

そういうサービスを求めるならもっとお金を出して日本の旅行会社のパッケージツアーにすればいい。

 

…まだエクスペディアでトラブってないから言えるんですけどね(笑)

 

ついネガティブ評価に心配になってしまいますが、航空券&ホテル代含めて2人で20万ちょっとで済みました。すごいなエクスペディア。

 

もちろんエクスペディアで予約が確定したあとでデルタ航空に飛んで予約ができているか確認&座席指定をしてさらに確実なものに(笑)

そのあとまたエクスペディアのマイページから確認をしましたが、一つ心配なのが…

 

f:id:kuronekofilm:20170914145031j:image

座席指定したはずが全然違う場所が表示されちゃってる&デトロイトまでは1席しか表示されない&デトロイトからピッツバーグが3席も確保されてる風になっちゃってる(笑)

 

エクスペディアさん…。大丈夫なのか?!

デルタ航空のページでは正しい場所で各2席ずつ予約ができているので大丈夫かと思いますが、エクスペディアのマイページの旅程ページはそのままeチケットになるので、この表示だとなんか不安…。

一応問い合わせてみましたが、エクスペディアではこちらがデルタ航空で指定した内容をeチケットに反映できないそうなので、出発チェックインの時にデルタ航空の座席指定をしてあることがわかるものを持って行ってくださいとのこと。

元々全ての情報をスマホと紙ベースで持って行くつもりだったので、まあ納得です。

 

ついでにエクスペディアアプリのホテルの予約表示に至っては

f:id:kuronekofilm:20170914145438j:image

予約は13日からにしてるんだけどなぁ…。友人宅にもう1日泊めてもらえなかったら野宿か(笑)

ホテルにも日程が近くなったら確認してみよっと。最悪は野宿だな。相方もいるしなんとかなる。

 

きっとこういうところがネガティブ評価のイメージを高めているのかもですね。

でもエクスペディアは航空券と宿の予約をかわりにしてくれたからそれでお仕事終了ですものね。あとは自分たちで確認とかしようと思います。

 

でも何かトラブっても自分たちで解決するってのもまた面白い旅になりそうです(笑)

大して英語話せないけど、臨機応変に対応出来る力をつけないと日本の外では生きていけないと思います。海外に行くと日本のありがたさを実感すると共に、なんでもやってもらえるのが当たり前になっていることも思い知らされます。

自分で解決する力が自分にはまだまだ足りない気がしています。今回はそういうのも意識してみよう。

 

飛行機とホテルを確保したらあとは何をするか考えるのがまた楽しい。

前半3日は友人の家にお世話になり、後半3日は空港近くのホテルからあちこち行ってみようと思います。 

 

ひとまずピッツバーグへの旅路「予約編」でした。

【雑食な雑記】完全に機を逃したって話(私には良くあること)

f:id:kuronekofilm:20170912211343j:plain

なんか「それっぽい」お写真(笑)

ビール飲みませんけどね。こういうパーツが好きなんです。

あ、でもちょっと暗すぎたかな。

今日も関係ないお写真です。

 

私はパッと決断してパッと動けない性格なので、たびたび機会を逃して後で「もっと早く動いていれば」と思うことが多々あるのです。

 

今回は「Macbook買おうと思ったのに完全に機を逃した」っていうお話。

 

Macbook(ほしい)おばさん」な私ですが、覚悟を決めて買うことにしたのです。先日別の用事で行った銀座でもアップルストアに入って実機を触ったりスタッフさんにプレミアプロを動かしたいからどれにすれば良いか等問い合わせたりして、もう買う気満々だったわけです。

スタッフさんにも「今なら金利0%キャンペーンもやってます」と聞いてますますいいタイミングだと思っておりました。

 

今日は早朝から雇われ部門(バイト)その1があって、そのままその2もあるダブルワークの日だったので早朝からスマホでちょいちょいアップルストアをチェックしておりました。

そしたらなんと!金利0%キャンペーンは今日12日までだったのです!

こりゃ今日中に買わなくてはと思い2つの雇われ部門をこなし、家に帰ってきてアップルストアへ行くと・・・

 

f:id:kuronekofilm:20170912212706j:plain

 

あちゃー。

タイミング悪く、今日はアップルからの大事なお知らせの日だったんですね…。

商品を見ることはできても購入はできない状態になってしまいました。

 

買うぞ!と覚悟を決めたのに…

昨日の内に買っておけば良かったのに…

今朝、相方に「買うよ!」って報告したばかりなのに…

ママンにもお金を借りるつもり満々だったのに…

 

わたくし、こういうこと良くあるんですよね。

パッと決めて行動すればいいのに、お金は大丈夫かとか、本当に使いこなせるのかとか、相方は何て言うだろうとか、なんやかんやで行動せずバシっと決断した時には「時すでに遅し」になっているんです。

慎重なことはある場面では重要なのだと思いますが、今回は結局買うんだから悩まなければ良かった。

 

今回の「躊躇ポイント」は

フリーランス生活に入ってまだ安定もしていないのにこんな高額な物を買って良いのか?という疑問

Macbookを買ってもちゃんと使いこなしてお金を稼げるようになれるのか?

・相方はどう思うのだろう?

・本当にMacbookでやりたいことができるのだろうか?

 

そんなこと後から考えればいいことなのに、何週間も悩み続けました。

その結果が「買えなかった…」なのです。

 

もうそれが嫌だからフリーランスになって、いつでも思い立ったら行動できるスタイルにしたにも関わらず一番大事な物を逃してしまったようです。

クラウドファウンディングで支援したリュックや行ってみたかったワークショップに予約したことなんて大したことじゃない。一番今後につながるものはMacbookだったのに。

 

なんか、機を逃したと思ったら逆に気が楽になってきました。

もうちょっと考えてからにすれば?ってことなのかもしれません。

 

Macbookで何をしたかったか見直してみると…

・出先で急な編集案件に対応したい

・待ち時間が長い時などに編集等を行いたい

・思いついたときにブログを書きたい

・プログラミングの勉強とかもしたい

 

映像の編集作業以外についてはスマホでだってできるのに結局今はすべてできている訳じゃない。映像の編集も結局は家でも大してできていない。ブログもサボってる。

 

こんな状況だとMacbookを手に入れたところで大したことができないんじゃないか?そう思いだしました。

確かに持ち運びできる軽さで映像編集がある程度できたらすごく仕事がはかどります。とにかく電車での移動が往復3時間くらいあるのでそこを有効活用したいということからMacbookにターゲットを絞ったのです。

でも現状は、電車移動=ほとんどお昼寝状態。

 

こんな状況でいつMacbookを開くんだろう?

手に入れれば嫌でも開いて作業するかな?

ブログやライティングの執筆を少しでもするようになるかな?

 

今回はもうちょっと良く考えてからにすれば?という何かの啓示なのかもしれませんね。変なタイミングで神社参りをしたからかもしれません。

 

やっぱりちょっと考えてみようと思います。

でももう機を逃す生活はしたくないのです。

思いついたらお金とか人だとかは気にせず行動してみようと思います。

 

【自称フリーランス生活】カオス的なトランス的なよくわからないテンション

f:id:kuronekofilm:20170912044644j:image

カオス的なお写真(そうでもない 笑)。

友人のバンドbällsはどんどん進化してる。

写真とか動画撮っているとカメラ越しのキラキラしたステージに憧れを抱いてしまう。カメラマンならそのステージの裏側まで写せるようにならないとね。

彼らはステージには持ち込んでないけど、裏に努力があるからこそのキラキラなのです。それをひっくるめたカッコいい写真や映像を撮りたいものです。

 

ブログもサボり気味だし、大して映像仕事もしていませんがここのところ気分がいいのです。

 

雇われ部門(バイト)その1の給料が入ってちょっと安心したのか(と言ってもお金が足りないことには変わりない)、ランサーズでコツコツ稼いで来たお金がもうすぐ振り込まれるからなのか(ついに手を出してしまった感)、生命保険の解約返戻金から貸し付けしてもらえる金額が結構あったからなのか(でも本来これは老後の緊急資金)…

 

なんだか色々なことにやる気が出ています。考え方も変わって来ました。

 

雇われ部門(バイト)に力を注ぎすぎている感がありましたが、よく考えたら「バイト」でしかないわけです。月に何十万ももらっている社員さんと同じ仕事をしなくていいんだ。だって時給950円だもん(笑)。今やってることは950円以上の仕事内容&量だな。つい上の人からの期待に応えようとしてしまいますがそんなに頑張らなくていいじゃないか。私の本当にやりたいことはこれじゃない。あくまで映像部門が安定するまでの「仮の収入源」でしかない。

これに力を入れすぎて、疲れちゃって映像部門をやらないってのは何か違う。だから今日からは自分の仕事だけこなして時間通りに帰る。後のことは考えない。とりあえず出勤して体を動かせばお金がもらえるんだから、頭まで使って疲れる必要はないのだ。っていう考え方に変更。

 

映像部門&ライティング部門&ブログを1日数分でもいいからやることにしよう。全部パソコンかスマホを使うので寝る直前までできないのが残念なところ。あ、家事とかそういうのを寝る前に持って来ればいいのか。帰って来たらとにかく仕事を優先する。っていう考え方に変更。

 

電車の移動時間も寝ずに勉強をすることにしました(今更感 笑)。英語・ドイツ語・プログラミングに加えて雇われ部門その1からの指令で食品関係の世界基準の資格を取ることに。これは後々使えそうなのでバイトといえど会社がお金出してくれるので受けることにしました(笑)

ちょうど4種類あるので雇われ部門の移動時にやろうと思います。日本語教師も勉強したかったけど、食品関係のやつ終わってからにしよう。っていう考え方に変更。

 

あと、人の意見に左右されない強い自分を目指すことに(もともと意思は強いんだけど、つい他人からアドバイスもらうと全部入れ込もうとする癖あり)。

なので欲しいもの・必要なものは悩まず買うことにしたし、やりたいと思ったことはどんどんやる。自分の人生だからね。人の意見に従って失敗しても誰にも文句言えないし。っていう考え方に変更。

 

なんだか週末で色々と意識が変わったようです。

 

何が言いたいかわからないブログですが、それもまた気にしないことにします(笑)

【自称 旅ブロガー】ちょっとピッツバーグまで行ってくる!

f:id:kuronekofilm:20170907060801j:image

お写真はこちらから拝借。

Visit Pittsburgh Pa | Things To Do, Resturants, Events

(パソコン)

Pittsburgh Hotels, Events, Restaurants & Things to Do

(モバイル)

 

11月の話ですが、アメリカ東海岸ピッツバーグに行ってきます。

ピッツバーグは名前しか聞いたことのない場所です。なんでいつものカリフォルニアではなくペンシルベニア州ピッツバーグへ行くかというとアメリカ東海岸への強い憧れ(笑)と、中学・高校からの友人がピッツバーグに住んでいるので会いに行くのが目的です。

 

アメリカのドラマとか映画でしか東海岸エリアを見たことがないので本当に偏ったイメージでしかないのですが、西海岸エリアよりもヨーロピアンな雰囲気があることと、経済や文化的な施設がいっぱいあるイメージです。

日本人が近づいてはいけないようなイメージも持っています。アメリカだけどヨーロッパ寄りなのでアジアンパワーが届いていなさそうな。

(こういうこと言っている時点できっと私はワールドワイド思考じゃないんだろうな 笑)

 

とにかく東海岸エリアには行きたいと思っていたので、今回行くことに決めました。

 

と言っても「あんたお金がないはずじゃ?」と思われる方もいらっしゃると思います。このブログでも何度かお金問題には触れてきていますからね(笑)

ええ、お金無いです。

なので齢36にして

「ペアレンツバンク」から借りました(出世払い&無利子)!!

 

よくわかりませんが、ティッシュで包まれてコンビニのビニール袋に無造作に入れられたお金を「ハイ!」と笑顔で渡されました(笑)

「出世払いだけどいつ返せるかわからないよ?(返すつもりがないな 笑)」と伝えておきました。

 

それを元手にしてとりあえず行ってきます。

私は雇われ部門(バイト)その1の有休を使います。相方は有休が無いので次月の給料が減ります。私も戻ってきた翌週は仕事が休みなので次月の給料が減ります。

何かと物入りな12月の収入が落ち込むのはちょっとキツイですが、行きたいと思った時に行動するのをポリシーにしているのでまさに今しか行けないような気がしています。だから無理してでも行きたい。なんか今回を逃したらもう行けない気がする。お金がなくなっちゃってもう行けないとか、なんか起こりそうな気がする。サラリーマン(社畜)時代のように行きたい気持ちをおさえて結局後で後悔する暮らしはもうやめます。明日この世がなくなってしまうかもしれないから。

 

なのでもちろん単なるバケーション気分でのみで行こうとは思っていません。映像部門の新しいアイデアとライティング部門のネタ探しと練習、フォトストック作り、そしてあわよくばあっちで仕事を見つけてやろう!と思っています(笑)そう簡単じゃ無いでしょうけど、やってみなくちゃわからんです。ハイ。

 

映像部門の新しいアイデアについては友人の体験談を聞いたり、地元のテレビ局とか見てみたいと思っています。ライティングはひたすら旅行記の練習(ピッツバーグの記事欲しいサイトさんいたらお声がけください 笑)。フォトストックはとにかく写真を撮りまくる!!(欲しい写真がある方はお声がけください。行ける範囲で撮ってきます。(クラウドファンディングで「希望の写真を撮ってきてもらえるシステムの立ち上げってのを企画しようと思いましたが、怯んでいる自分がいたりして 笑)

バックパック一つで行くためビデオは持って行けそうも無いのでnikon D3200でストックに耐えられる動画ストックが撮れそうならチャレンジします。

あとは日本人を雇ってくれそうな場所を注意深く見ながら過ごします(図々しい 笑)。

 

1週間あるので、好きなこともやってきます。ツアーではなく航空券とホテルだけ確保するスタイル。自由がきく分、計画をある程度立てておかないとね。ノンビリする日があってもいいし。

恒例のスーパーやドラッグストア巡りとか、secondhand巡りとか、アンティーク買い漁りとか。他に新しい「旅の恒例行事」が作れたらいいなと思っています。

 

1週間の前半は友人宅に泊めてもらい、地元の普通の生活を楽しんできたいと思います。

名付けて「地元民になりきる旅」。

後半は空港近くのホテルに滞在し、バスや電車やタクシー等(相方が国際免許を取るっていうので車を借りてもいいかも)であちこち行ってみたいと思います。

カリフォルニアではおばちゃんが車を出してくれたりしてほぼ自力での移動はしていませんでした。ロンドンでは地下鉄やバスを駆使して移動しましたが、範囲が狭いし歩こうと思えばどこへでも歩けちゃう東京みたいな感じだったので、今回のピッツバーグ旅が本格的な自力での移動訓練になりそうです。

電車もバスも好きなので、すごく楽しみです。さすがに日本みたいに夜中のバスや電車には乗れないと思います。時間配分だけ気をつけよう。

 

今回もほんとに近所に遊びに行く感覚です。ちょっと飛行機が長いけど、アメリカの航空会社を利用するつもりなので背の高い相方でも少しは楽に過ごせるんではないかと。

 

その辺りも事細かにレポートしつつ旅をしようと思います。

 

まずは飛行機&ホテルの確保とアメリカのESTAを申請しないとですね。

待っててね。ピッツバーグ