自称フリーランスの「会社辞めてもなんとか生きてますよ」日記(仮)

会社が辛くなったら辞めてもいいんじゃない?って事で2016年に13年のサラリーマン生活から脱却。自称フリーランスとしてギリギリの生活を送りつつも充実した毎日を綴ります。フリーランスデビューしたいと思っている人のための人柱ブログです。タイトルは思いついたら変えるのでずっと(仮)の予定です。

【雑食な雑記】外国人が日本語を話す時より歌う方が日本語が流暢なのね。

 

Sing In Japanese - EP

Sing In Japanese - EP

 

No use for a name をアマゾンプライムで聞いていたらMe First And The Gimme Gimmesの Sing in Japanese EPをおすすめされたので聞いてみた。

 

その名の通り全て日本の歌を日本語で歌ってます(笑)ちょっとパンク調だったりレゲエ調にアレンジされてますが、またそれがいい。2011年発売なのであの大震災のことを思って作ってくれたようです。なんて優しいんだ。

 

 

それにしても、おっそろしく日本語をうまく歌いこなしている。多分日本語を流暢には話さないと思いますが、歌になるとうまく日本語を使えるのって面白いですね。

よく「音楽で外国語を覚えた」なんて話を聞きますが、一理あるのかも。私も英語を流暢に話せるわけではありませんが歌うことで発音とかタイミングとかをつかみやすくなるのかも。洋楽を聴き続けてもう20年経ちますが英語のヒアリングスキルは向上しているように感じています。

ただ聞き流すだけでなく、歌詞の意味を理解しながら英文の練習やイントネーションなどを学ぶのもいいかもしれません。

 

音楽をやっている人は耳がいいと聞いたことがあります。絶対音感ってわけじゃないですが、耳コピとかっていうスキルがあるらしいですね。聞いて自分の楽器で同じように再現する。音を聞き分けたり分析できないとできない技です。そう考えると、日本語を「音」として捉えて自分の楽器(声)で再現しているのかもですね。実際の会話で使えるかは別として。

 

自分の英語の勉強にも使ってみようかな?

 

それにしても、外国の人が日本語で歌ってるのって不思議な感じだ。ちょっとうれしくもある。