自称フリーランスの「会社辞めてもなんとか生きてますよ」日記(仮)

会社が辛くなったら辞めてもいいんじゃない?って事で2016年に13年のサラリーマン生活から脱却。自称フリーランスとしてギリギリの生活を送りつつも充実した毎日を綴ります。フリーランスデビューしたいと思っている人のための人柱ブログです。タイトルは思いついたら変えるのでずっと(仮)の予定です。

【自称フリーランス生活】さて、資金が尽きてきたぞ。これからどうしよう?

f:id:kuronekofilm:20170814173934j:image

Steel Panther(スチールパンサー?スティールパンサー?)好きなんだよなぁ(笑)ギターのSatchelさんも好きだけど、ドラムのStixさんが一番かな。

 

 

 

さて、(個人的に設定した)4連休最終日の今日は何をしていたかと言うと…

 

 

Steel Pantherのライブ動画見ながら家計簿と格闘してました(笑)

 

自称フリーランスの家計簿見直ししてみたよ!

連休はフリーランス生活の建て直しをしようと思っていましたが、この家計簿が一番触れたくなくて重い課題でした。

でもこれをクリアにしないことには、フリーランス仕事をどのくらいする必要があるのか?どのくらい稼がないといけないのかが把握できないのでまた適当に仕事を請けて、時間と収入のバランスがおかしくなることも考えられるのでこれだけは最終日までにやろうと思っていました。

 

もちろん以前も家計簿見直しを行って記事にもしています。

 

kuronekofilm.hatenablog.com

 

やっぱり5万円足りないじゃないか…

このときにも毎月5万円足りないことが発覚していたのですが、もう一度確認してみることにしました。

 

やっぱり5万円足りない…

 

フリーランスになるとサラリーマン(社畜)時代とは違って税金は基本的に自分で支払わなくてはいけません。私の場合は上手いこと雇われ部門(バイト)その1の方で税金や厚生年金も支払っているので少ない収入からやりくりする必要はありません。住民税だけは退職した関係で自分で支払う必要がありますが…。

稼ぎの内、結構な金額が税金や厚生年金に持っていかれますが厚生年金にしてもらっているのはちょっとした安心感があります(まあ私がもらえる歳になるころには年金制度が崩壊しているかもしれませんが…。いや、崩壊してるんだろうな。)

 

家計簿の中身

相方の税金関係やら住宅ローンやら生命保険やら色々と支払っているとあっという間にお金がなくなります(笑)

 

ここでちょっと支出だけ晒してみます。

 

支出

  • 住宅ローン 140000
  • 駐車場&管理費 40000
  • 税金とか車検とか保険とか携帯代とかの支払いキープ金額 150000
  • 生活費 20000
  • 小遣い(2人分)60000
  • ローン支払い用 60000

なんやかんやで470000円が毎月必要です…(もちろんちょっと多めに計上しています)

ちょっとしたエリートサラリーマンの収入が必要じゃないか(笑)

小遣いがちょっと多いかもしれません。でも私の小遣いは10000円です(笑)

 

 

今一番負担になっているのが、引越しをしたときにまとめて購入した家具・家電のローン(+いろいろとフリーランスのための準備も購入しました)。結構な額になっています。これと光熱費等をカード払いにしていますが毎月6万円くらい出て行きます。でも元金がなかなか減らない…光熱費等を3万円と予定しているので、ローンが無くなれば3万円浮きます。車のローンも来年5月には終わるので、これで+1万円くらい計4万円は捻出できます。

 

住宅ローンと生命保険はできれば解約したくないところですね。老後のための資金を確保しておかなくてはならないので。

 

こんなに厳しい家計ですが、投資信託も毎月コツコツやってます。これが1万円なのでこれも解約すれば浮かすことが可能ですがこれも老後に向けた資金確保の一環のためできればギリギリまで解約したくない。

 

解決策

こうなってくると収入をアップさせるしかありません。

とにかくまずは生活を安定させなくてはならないため、雇われ部門(バイト)その1を1時間増やしてもらいました。雇われ部門その2が曜日の関係で1時間減ってしまったので、そのマイナス分が月4400円くらいで、その1のプラス分が月3800円なのでむしろマイナス。その2の補填をする感じですね。厳しい…。金曜日だけ1時間伸ばしてもらおうかな?ちょうどサラリーマンの皆さんの帰り時間に閉まる店なので1時間の延長で売上が取れるようになれば賛成してもらえるかも。

 

映像部門での収入はまだまだ少ない&不安定です。今お話を頂いている定期的な案件が上手くいけば月に2万円くらいは安定的に収入が得られます。後は不定期にご依頼いただくお仕事をこなして合計5万円は最低でも確保したいところ。種まきはしていますがなかなか安定した収入になる案件にはつながりません。でも地道にがんばります。

 

PIXTAでの写真や動画の収入はまだ全くありません。そりゃ5枚位しか写真無いからな(笑)動画の方はこれからスタート予定です(動画が本業ですもの)。

 

もう一つの解決策

もう一つ考えていることがあります。若い頃からコツコツ貯めた生命保険の解約返戻金が結構あるので(老後の資金でもありますが)、これを使って家具・家電のローンをまとめて返済してしまう作戦です。全部は返済できないのですが、元金に充てる金額を増やすことができるので今よりも早く完済することができます。完済する頃にはもう少し収入が増えているはずなのでそこからは貯金に回すことが可能です。

 

返戻金とか投資信託の解約とかでかき集めればローン分は完済できるかもですが。

 

両親から借りることも考えましたがフリーランスになってからというもの金銭面では確実に老後のケアをしてあげられないと思うので、できれば貯金しておいて欲しいのです(笑)

 

さらにもうちょっと考えてみる

9月から実行しようと思っているのですが、このブログの収益化も収入の一部として運用していきたいところ。記事の内容はグダグダだし、とてもじゃないけどカッコイイブログでもない。勉強しながらカッコイイブログにしていきたいと思っています。もちろん記事の内容でも勝負していきたい。微々たる収益にしかならなくても将来に向けた準備としてやっていくつもりです。パソコン一つで収入を得られる仕組みを増やしていくのが私がフリーランスになろうと思う一つの理由でもあるので。

 

お金ないけど投資が必要なのかもしれない

生活スケジュールも再度見直してみました。自分で選んだ仕事とはいえ、

雇われ部門(バイト)その1の通勤時間が結構もったいないかも…

ということに再度目を向けています。距離的に遠いということもありますが、乗り換え&乗り継ぎの関係で1時間くらいかかります(笑)その間は基本的には座れるので仮眠したり、はてなブログを読んだり書いたり、本を読んだりしています。

この1時間を雇われ部門その1&その2に換算すると950円~1100円の価値があるわけです。仮眠やブログ閲覧も必要だとは思いますがお金にならない。英語・ドイツ語・プログラミングの勉強をしてもすぐにはお金にならない。

ブログを収益化したら少しでも記事を書いたり、デザインをいじったりしたい。映像部門のお仕事があれば1時間でどれくらいのことができるだろう?

 

やっぱりMacBookが必要だ!!!

 

MacBookがあればブログもかけるし動画編集もできる。お金が無いけど投資と思って買うかな…。本当にギャンブルだ(笑)

電車の中でできることは限られるだろうけど、スマホよりもブログを書くスピードは早くなるし、スマホだと動画編集は難しい。私の場合電車の中で色々なアイデアが出てくることが多かったりする。それを必死にスマホに書き記す日々。MacBookがあればもっと色々なことができる1時間になるかもしれない。少しでも待ち時間があればカフェでだってどこだって作業できる環境はとても魅力的だ。

映像部門も、ブログも、ライティング部門も、将来的に考えているプロジェクトもその1時間を大切に使えばもっともっと発想を広げることができる。

その自信はあるけれど、ここでまたローンを組んでしまうと返済地獄が始まる。

300万円くらいのローン地獄を乗り越えてきた身としては大した金額ではないものの、収入の不安定なフリーランス生活では恐怖すら感じる。

 

さて、どうしたものか。

とにかく明日からまた雇われ部門をこなしつつ、必死に映像部門をやります。

寝てる暇はない。泣いてる暇もない。ぶっ倒れるまでやろう。